ナトリウム硫黄電池って何?

ナトリウム硫黄電池はNAS電池とも呼ばれ、極材にナトリウムと硫黄を用いた高温作動型の二次電池です。
負極にナトリウム、正極に硫黄、そして両電極の間にファインセラミックスを用いてイオンとナトリウムの化学反応で充電と放電を繰り返します。
放電の場合は、負極側でナトリウムイオンと電子に分かれ、ナトリウムイオンはセラミックスを通過し正極に移動します。
電池の外に電子が出て負荷を通過し正極側へと移動し、ナトリウムイオン・硫黄・電子が反応し多硫化ナトリウムになります。
充電の場合は、電気を流し多硫化ナトリウムをナトリウムイオンと硫黄、電子に分け、ナトリウムイオンはセラミックスを通って正極へと移動し、負極側のナトリウムイオンは電子を受け取りナトリウムになります。
一次電池は使いきりなのに対し二次電池は繰り返し使用することが出来非常に経済的で環境に配慮した電池と言えます。
ナトリウム電池は蓄電池と比較して軽量かつ数倍の電力量を蓄えることが出来る、また原料を入手しやすく寿命が長いといったメリットが有ります。
但し、ナトリウムと硫黄は危険物として指定されており取り扱いに十分注意しなければいけません。
興味がある人はコチラへ

残置灯って何?

残置灯は防犯・保安を目的とした照明で、店舗や事務所の営業終了後に点灯し人がいない状態でも防犯・保安を図ることが出来ます。
目的上、置灯は消費電力が小さく長寿命であることが原則となります。
これまでは蛍光灯やHID灯が一般的でしたがより消費電力が小さく寿命が長いLEDが採用されることが多くなりました。
蛍光灯電球は点けた瞬間は70%程度の点灯状態で数秒後に100%点灯となりますが、LEDは即時に100%点灯となります。
また蛍光灯の場合オンオフの繰り返しによりその度に寿命が短くなってしまいますが、LEDは点滅に強位という特性があるため頻繁にオンオフしても寿命には大して影響しません。
LEDの寿命は白熱電球の40倍、蛍光灯の5倍と最長40000時間まで点灯維持が可能です。
定期的なメンテナンスを必要としませんので高所に設置するのにも最適で維持管理費を安く済ませることが出来ます。
深夜でも点灯しており公衆のための照明用として使用される電灯と認められたものだけが残置灯と呼ばれます。
残置灯ははあくまでも防犯や保安のための照明器具として使用されますので、広告のための照明器具には残置灯は使用されません。
42円物件の権利付きは入手不可能なの?

鉛蓄電池って何?

鉛蓄電池は世界で初めて使用された二次電池で、正極にはイオンになりにくい二酸化鉛を陰極にはイオンになりやすい鉛を、そして電解液には希硫酸を使用しています。
非常用電源、UPSなど、電力貯蔵用として幅広く普及しています。
鉛蓄電池は極板の種類・構造によって様々な種類があり、極板はクラッド式とペースト式の2種類があります。
クラッド式は材質の異なる2つの材料をチューブ状にあんで焼き固めています。
これにより耐震性と耐衝撃性が増します。
クラッド式はその特性からバッテリフォークリフトやバックアップ電池に用いられることが多いです。
ペースト式はペースト状の活物質を格子板に塗りこむ仕組みとなります。
これにより効率放電用途に適した蓄電池となります。
鉛蓄電池は用途が非常に幅広く、自動車のバッテリーなどに使用されることが多いです。
自動車には蓄電池は必要不可欠で、他には電動車の主電源・非常用電源としても使用されています。
それだけでなくヘッドフォンステレオやガム型電池など小さな機器にも使用されているほど豊富な使用実績を持っている優秀な電池なのです。
土地付き分譲太陽光発電の42円物件