鉛蓄電池って何?

鉛蓄電池は世界で初めて使用された二次電池で、正極にはイオンになりにくい二酸化鉛を陰極にはイオンになりやすい鉛を、そして電解液には希硫酸を使用しています。
非常用電源、UPSなど、電力貯蔵用として幅広く普及しています。
鉛蓄電池は極板の種類・構造によって様々な種類があり、極板はクラッド式とペースト式の2種類があります。
クラッド式は材質の異なる2つの材料をチューブ状にあんで焼き固めています。
これにより耐震性と耐衝撃性が増します。
クラッド式はその特性からバッテリフォークリフトやバックアップ電池に用いられることが多いです。
ペースト式はペースト状の活物質を格子板に塗りこむ仕組みとなります。
これにより効率放電用途に適した蓄電池となります。
鉛蓄電池は用途が非常に幅広く、自動車のバッテリーなどに使用されることが多いです。
自動車には蓄電池は必要不可欠で、他には電動車の主電源・非常用電源としても使用されています。
それだけでなくヘッドフォンステレオやガム型電池など小さな機器にも使用されているほど豊富な使用実績を持っている優秀な電池なのです。
土地付き分譲太陽光発電の42円物件